食費

飲み物の節約は「気軽で簡単」なことも決め手

投稿日:

飲み物の節約は「気軽で簡単」なことも決め手

節約方法にはいろいろなものがありますね。しかし実際にやっている人の記事を読んでいい方法だなと思っても、いざ自分が取り入れようとするとなかなか難しいのではないでしょうか。

実は自分が実践しにくいなら、それはいい節約方法ではないのです。そこでおすすめしたいのが「気軽で簡単な節約」です。

フリードリンクを頼まない

まずチャレンジしたいのは、ファミレスやファストフードで「フリードリンク」を頼まないという、きわめて簡単な節約方法です。

これはある時ふと気がついたことから始まりました。いつも食事メニューとフリードリンクとを注文していましたが、食事でお腹がいっぱいになり、フリードリンクをおかわりする余地がないのに無理してなんとか2杯ほど飲んでいたのです。わざわざお金を払って、フーフーいわなくてはならないような食事スタイルにしていたとはおかしな話です。

ただしこの節約方法は、無料の水がもらえる店に限ります。また、飲み物好きの方は、クーポンを利用して賢くフリードリンクを楽しみたいですね。そのためにクーポンをお財布へ入れておくことも、簡単で手軽な節約方法です。

水筒などの飲み物は水にする

次の気軽で簡単な節約方法は「水筒などの飲み物は水にする」ことです。

わざわざ飲み物をつくらなくてもいいしボトルを洗うのも簡単。ティッシュに水を少したらせば手や顔も拭け、手拭きナップ代まで節約できてしまいます。

薬を服用している方は、手元に水があると飲みやすいですよね。なおどうしても冷たいものが飲みたい場合は、凍らせた小さな保冷剤をボトルの底にあててボトル袋に入れます。

帰宅後に水があまっていたら植木の水やりにでき、小さなコロジーの実践になるのも気に入っています。

暑い日などの塩分糖分の補給にはアメや昆布などを利用しています。

-食費
-,

Copyright© ゆるい節約力の教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.